メイクをして、もっと綺麗になりましょう

メイクをする前とした後では、顔が全然違いますよね。でも、メイクに慣れていないと、どうすれば綺麗に見せられるのか分からないことも多いと思います。
 メイクの基本だけでもお話しできたらと思い、ここに書くことにしました。
 まず、しっかりカバーしたいのが頬の部分です。この部分を明るい肌に魅せると、全体的に綺麗に見えます。
 そして、Tゾーンや目、口の周りは動きのある部分です。適度なカバー力を出すために、ファンデーションは軽くおさえるようにのばします。化粧くずれも防ぐことができます。
 そして、他の場所はスポンジやブラシに残ったファンデーションでスーッとすべらせるようになじませると、首との境目がなじみ、自然なグラデーションになります。こうすると、厚塗りを感じさせず、自然なメイクになります。
 ポイントメイクでは、やはり「目」が気になるところですね。初心者の方なら、パウダータイプがお勧めです。使いやすいからです。
 黒目を大きく見せたい場合は、アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、そしてつけまつげを使いましょう。眉は細く整え、薄い色のアイブロウを使うと目が引き立ちます。アイラインですが、ペンシルタイプを使い、少し太めにしっかり描きましょう。下まぶたは、出来るだけ細いラインがいいでしょう。
 アイシャドウもブラウン系がいいです。下まぶたには、目頭から目尻にかけてパール系などをのせると、明るく見せることができます。
 マスカラをつける時は、黒のボリュームタイプを、まぶたの中央が山形になるように塗っていきましょう。これで、目元が印象的に仕上がることでしょう。
 アイシャドウも使い方に慣れたらペンシルタイプや、仕上がりの美しさを徹底するならクリームタイプをつかえるといいですね。
 場所やシチュエーションによって、メイクを変えるのも楽しいです。アイメイク一つをとっても、大きく見せたり、童顔にみせたり、お嬢様っぽくみせたり、色々なメイク方法があります。メイクは知れば知るほど楽しくなると思います。みなさんもメイクを楽しんでみてください。

鳩退治の鳥害対策専門ショップ「ピーコン プロ」

鳩対策・鳩退治の鳥害対策専門ショップ「ピーコン プロ」

豊中 賃貸

埼玉 離婚

  • TOP
  • 温泉でのすっぴん対策メイク
  • 温泉対策にも便利なアートメイク
  • 本当につかえる、自然派化粧品のメイクアイテム
  • 過剰なアイメイクにご注意
  • ワンランク上のメイクにフェイスパウダーを使おう